『図面の基礎 Level 00図面の読み方~知識ゼロからはじめる~(超入門編) 』開催のご案内 

人気の図面の基礎シリーズに追加された超入門編Level00です。  図面を見て理解するための最低限の知識を得るコースです。図面は描かないけれど、読めなければ困るという、営業、購買、生産管理の担当者もターゲットにして、図面に何が描いてあるのかを知ります。投影図の読み方と図面に使用する記号(材質・形状・ねじ・公差・加工など)の意味を中心に、広く浅く学びます。
 図面の知識が全くない文系出身者から新人設計者にもお勧めのコースです。

 

  

セミナー開催概要(予定内容)

Ⅰ.図面の基本を知らなければ会話もできない! 
[1]業務の中の図面の役割
  一般的な製造業における業務の流れと図面の役割
[2]実力診断テスト
  〇×クイズによる現状知識の確認
[3]図面要素
  図面にはどんなものが描かれているのかを知ろう

Ⅱ.図面を見て現状がイメージできる、これが第1歩
 [1]「投影法」・・・立体を平面上(図面)に表す方法を知る

 [2]一般的な投影法「第三角法」で描かれた形状を読み取る    
     ミニ演習 サイコロを使って、第三角法を習得する

 [3]脳を使ってイメージするトレーニング  
     演習 フリーハンドによる立体図・平面図の作成     
     <図解力の向上>

Ⅲ.図形をより具体的に類推するための情報を読み取る
 [1]形状を表す寸法補助記号    
   φって? Rって? Cって? tって?

 [2]図面に必須の特殊記号    
         Mって? キリって? H7って?

 [3]図形以外の情報がヒントになる    
   用紙サイズと尺度、部品名称、材質
  演習 寸法で表された部位を探る  
  <寸法がどの形状を表現しているのか理解する>
 演習 寸法に関係する記号を反復練習  
   <記号の意味を理解する>

Ⅳ.まとめ
 [1]実力確認テストⅡ
   〇×クイズによる現状知識の確認  

 [2]質疑応答

講師

山田学先生
株式会社ラブノーツ(Lab Notes) 代表取締役 http://www.labnotes.jp/
技術士(機器部門)

対象者

・ ~5年目くらいの技術者、製図を今一度見直したい中堅設計者 副読本
・ CADオペレータ・トレーサー。
・ 生産技術者や加工現場の作業者、また営業、購買、生産管理など実務で図面読解が必要な方。

副読本として、講師著書の【現場設計者が教える図面を読みとるテクニック】 
<図面って、どない読むねん! LEVEL00> 
 (日刊工業新聞社)を使用します。 ※本書は参加費に含まれています

~過去受講者の声~

・ 図面に触るのは今回が初めてだったが、実際に演習を行い解説をするという形の進め方だったので図面を独むという点ではか なり進歩した。
・ 大学時代、図面について全く触れたことがなかったのですが、設計をしていかなくてはならない業務についてしまいました。すごく基礎から講義して下さったのでスッと入ってきやすかったです。

日時

平成29年5月19日(金) 10:15~17:00

会場

いわみぷらっと
浜田市相生町1391-8 シティパルク2F (※JR浜田駅より徒歩約10分)
TEL:(0855)24-9301

参加費

3,000円 ※お支払方法は、申込書に記載の連絡者様あてに後日連絡いたします。

定員

20名(先着順) ※ただし、県内受講者優先です。
(受講の決定は、申込書に記載の連絡者様あてに通知いたします。)

申込方法

申し込みフォームまたは、下記の申込書に記載のうえFAX又はEメールにてお申込みください。

wordファイル「5月19日申込書」をダウンロードする(DOC:100kB)

pdfファイル「5月19日開催案内」をダウンロードする(PDF:1.6MB)

申込締切

平成29年5月12日(金)

携行品フリーハンドで演習を解答します。
      筆記用具、蛍光ペンを持参してください。

主催/協力機関

(公財)しまね産業振興財団/島根県産業技術センター

◇お問い合わせ◇

経営支援課(創業・人材支援グループ)
杉原・山中
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp