平成29年度「ものづくり工場管理実践塾」のご案内

工場管理実践塾とは?

※昨年度に比べ、「ムダ取り」の内容を拡充!

 県内ものづくり企業の収益力強化の視点から、生産現場の考えるムダを徹底的に洗い出し、改善に取り組むための4回の連続セミナーです。

 当セミナーは、一方的な講義ではありません!ワークショップなどを通じて、受講者同士が相互に学び・交流しながら進めるセミナーになります。また、講座期間中の半年間で、実際に自社の改善活動に取り組んでいただきます。

1月までの半年間で受講者のみなさんに、現場改善ノウハウの習得と改善による効果を実感していただきます。 

これを機会に、収益に直結する現場改善に取り組んでみませんか?お待ちしております!!


開催日・場所

【講義】
第1回 5月24日(水) 10:00~17:00
第2回 7月12日(水) 10:00~17:00
第3回 9月27日(水) 10:00~17:00
会場:テクノアークしまね (松江市北陵町1番地) 大会議室

第4回 1月26日(金)10:00~17:00
会場:サンラポーむらくも(松江市殿町369)
 
【個別訪問指導(希望者のみ)】

計3回×半日程度

※指導日は原則、第1回~3回講義の翌日もしくは翌々日で調整させていただきます。


カリキュラム

【講義】

<第1回・平成29年5月24日(水)> 「改善のデザインと2S(整理・整頓)の基礎(探すムダをなくそう)」

1. 収益力強化としての現場改善。改善の階層性と改善シナリオ
2. ワークショップ:自社PRと改善の現状の相互理解
3. 改善の第一歩:探すムダを徹底的になくそう(2Sの基礎を学ぶ)
4. 事例紹介(写真で紹介)
5. ワークショップ:3ヶ月間の2S改善計画策定
6. 継続的に2S活動を行うためには?(本塾OBからのエピソード発表)   


<第2回・平成29年7月12日(水)> 「メタボリックな工場から脱却する」

1. ワークショップ:事例共有と2S改善着眼点の涵養(かんよう)
2. 整頓の水準を上げるとは?
3. ムダとは何か?3つのキーワードでムダ取り実施
4. ムダ取り(歩行数削減)の事例紹介
5. 改善演習:歩行数を削減しよう
6. 継続的にムダ取りを行うために   


<第3回・平成29年9月27日(水)> 「ストップウォッチ不要の改善」

1. ワークショップ:事例共有とムダ取り着眼点の涵養
2. ムダ取り(タッチ数削減、ストライクゾーン)の詳細説明
3. 事例紹介
4. ケーススタディによる改善演習(タッチ数を活用した工数削減)
5. 改善成果を数値で評価する
6. 第2次改善計画策定について


<第4回・平成30年1月26日(金)> 「自社と他社の成果を相互確認する」 

1. 参加企業から報告発表と質疑応答
2. 改善努力企業の事例発表
3. 具体的な収益力強化の諸施策について
4. 継続的に改善を進めていくためには
(以下、任意参加)
5.交流会

 

【個別訪問指導(希望者のみ)】

1.目指す水準  

初参加企業:2S中心
複数年参加企業:2Sが推進出来ていない場合、2S中心。 2Sが自主推進できる水準の企業は、ムダ取りの個別指導

2.大まかな指導スケジュール

1回目:テーマ設定のための現状把握と指導テーマの相互確認
2・3回目:指導実施


受講料

無料 (講座、個別の現場改善指導いずれも無料で受講いただけます)


定員

講義:20社・60名程度

個別指導:最大8社まで可

受講対象者

島根県内に事業所を構える製造業の管理・監督者、現場リーダー及び実務担当者

※原則として各回とも参加できる方
※初参加の場合、第1回は経営者・工場長等責任者も一緒に参加されることを強くお勧めします
 (収益力強化のための現場改善を組織で推進いただくには、経営者・工場長等責任者の方の理解が必須となるためです)

講師

武川 俊幸 氏
所属:公益財団法人日本生産性本部
専門:工場の生産性向上、在庫管理、物流管理における業務改善
<経歴>
1960年生まれ。大阪工業大工学部卒。日本電気通信システム株式会社在職中、ソフトウェア開発や設計、業務改善活動に携わった経験あり。日本生産性本部経営コンサルタント養成講座終了後、同財団にてコンサルタント業務に従事。
紹介URL:http://consul.jpc-net.jp/mc/consultant/profile_takegawa.html


高田 晴弘 氏
所属:公益財団法人日本生産性本部
専門:生産性向上(製造業)、コストダウンに係る総合指導
<経歴>
1959年生まれ。早稲田大学理工学部卒。東洋ゴム工業株式会社化工技術本部在職中、新製品開発や生産効率向上に携わった経験あり。日本生産性本部経営コンサルタント養成講座終了後、同財団にてコンサルタント業務に従事。
紹介URL:http://consul.jpc-net.jp/mc/consultant/profile_takada.html

申込方法

下記の申込書に記載のうえFAXまたはEメールにてお申し込みください。


申込締切

平成29年5月19日(金)
※定員に達し次第、募集を締め切りますのでお早めに申し込みください!

 

参加申込書・募集案内

wordファイル「参加申込書」をダウンロードする(DOCX:16kB)

pdfファイル「募集案内」をダウンロードする(PDF:684kB)

 

申し込み・問い合わせ先

(公財)しまね産業振興財団 経営支援課 土井 、安食
TEL:0852-60-5115
FAX:0852-60-5105
E-mail:con@joho-shimane.or.jp