島根の魅力を再発見!『ブランディング・ワークショップ』開催のご案内

ブランディング・ワークショップ

~ 御社の真の魅力を発信するための発想法 ~

『世界の変化のスピードがこれだけ速くなると、<地図>はもはや役に立たない。必要なのは<コンパス>です。
そして素直で謙虚でありながら権威を疑うことなのです。』

これは、MITメディアラボ所長 伊藤穰一氏 の言葉です。現代の荒波を生き抜いていくためには事前の準備や戦略も当然大切ですが、さらに大切なのは、自分(自社)が何をしたいのか、どうありたいのか、そのコンパス(ヴィジョン)をしっかりと持ち、ぶれない軸を作り上げることです。自分のことも自社の顧客も見えないままでは、打ち出すべきコンテンツも作れず、発信もできません。そうならないためにも、自身の真の強みにたどり着き、それを発信するために必要なコミュニケーションについて学ぶ講座を開催します。

日時/内容

  日 時 内  容
第1回 平成29年11月15日(水)
 
13:30~17:30
『顧客とのコミュニケーションに必要な自己認知力の習得とバイアスの外し方、コンテンツ発信先進事例の吸収』
第2回 平成29年12月7日(木)

13:30~17:30
 『3つ思考(ロジカル/クリティカル/デザイン)とアクションファースト、コンパス策定、コンテンツ発信に向けてのアクションプランの作成』

 

会場

テクノアークしまね
(島根県松江市北陵町1番地)

講師

ヨリドコロ合同会社 代表社員 内田 俊介 氏

[講師プロフィール]

明治大学卒業。これまで一部上場企業からベンチャーまで幅広く事業・企業の支援を実施し、新規ビジネスの立ち上げ、マネジメントを経験。前職ロフトワークでは大手企業の新規事業創出や地域課題解決としてコミュニティ構築やコンテンツ開発を担当。2017年4月に独立し、パートナーと共にヨリドコロ合同会社を設立。目の前にいる人のお困り事を解決することをコンセプトとして、問題解決事業を展開。

・株式会社イトーキ CSW事業 チーフプロジェクトマネージャー
・株式会社リバースプロジェクト プロデューサー
・大阪イノベーションハブ プロジェクトディレクター
・島根県立情報科学高等学校 非常勤講師

対象者

・島根県の地域資源を活用したビジネス展開や情報発信を志向する方。
(例:島根の魅力を広く発信したい方、特産品の製造や販売に携わる方など)

・自社もしくは他社のブランディング(リブランディング含む)に興味のある方。

・IT業・非IT業を問わず、ご参加いただけます。

定員

30名

受講料

無料

申込方法

下記申込みフォーム、または申込書にてお申込みください。

  申込みフォーム

 pdfファイル「申込書」をダウンロードする(PDF:720kB)

pdfファイル「開催案内」をダウンロードする(PDF:5.0MB)

 

申込締切

平成29年11月8日(水)

※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

主催  

公益財団法人しまね産業振興財団

お問合せ先

公益財団法人しまね産業振興財団(島根県松江市北陵町1番地)
[担当] 経営支援課 清水・杉原
[TEL] 0852-60-5115 
[e-mail] con@joho-shimane.or.jp