「FTA・EPAビジネス活用基礎講座」(平成29年度第2回グローバル戦略構築セミナー)

FTA(自由貿易協定)・EPA(経済連携協定)のビジネスへの活用法について学んでいただきます!


 高齢化による人口減少が続き、国内市場が縮小していく一方、グローバル化の進展によりビジネスチャンスは拡大してきており、 多くの日本中小企業が、海外での新たな市場の獲得に向けて取り組みを進めています。

 貿易によって海外と物品のやり取りを行う際、「FTA(自由貿易協定)・EPA(経済連携協定) による特恵関税の活用」はいまや必須の要件となってきています。FTA・EPAの活用によって、輸入国側で徴収される関税分のコストが削減でき、価格競争力を確保することができるため、現地ディストリビューターから対応を求められることが常態化しつつあります。  

 昨年12 月に EU と日本間の EPA 締結が交渉妥結となるなど、複数国で構成される巨大経済圏「メガ FTA」による物流網のグローバル化は昨今の全世界的なトレンドであり、このスキーム活用によるグローバル競争力確保が日本中小企業にも求められています。

 今回のセミナーでは、長年FTAに携わり、その仕組に精通した講師から、FTAの現状やその活用方法をご講演いただきます。併せて、現在、実際にFTAを活用して海外事業展開に取り組んでいる企業に、自社の取り組みをご紹介いただきます。

日 時 平成30年2月15日(木) 14:00~17:00 ※13:30受付開始
場 所

テクノアークしまね 1F 中会議室(松江市北陵町1)

   テクノアークしまねの地図はこちら

参加費 無料
定 員 30名 ※先着順
内 容

◎講演
「メガFTA時代のビジネス戦略
       -FTA・EPAをビジネスに活かす”ツボ”-」

講師:株式会社アールFTA研究所 代表取締役 麻野 良二 氏
麻野良二  

<プロフィール>
中小企業診断士。関西学院大学商学部非常勤講師(EPA/FTA,WTO分野)
 在パキスタン日本大使館専門調査員、シンガポール日本商工会議所事務局長などを歴任。FTA、EPAに約20年間関与し、メガFTA(日EU・EPA、RCEP、TPPなど)に精通し、同分野での執筆、全国での講演多数。
 EPA/FTAに関する企業との相談は年間100件以上。業界、企業規模などに関わらず、あらゆる分野、内容の相談に対応している。


◎事例紹介
「自社のFTA活用事例」

講師:大洋電機産業株式会社 常務取締役 正木 康司 氏
正木康司

<プロフィール>
 1978年太洋電機産業に入社。

 太洋電機産業は広島県福山市に本社を置く電気半田ごて及び半田付け関連製品メーカー。同社製品は「goot(グット)」ブランドとして広く知られている。
 近年、更なる販路拡大のため、海外市場への参入に注力。60カ国以上への輸出実績を持ち、FTA・EPAの活用に全社を挙げて取組んでいる。


◎支援機関施策紹介

募集締切 平成30年2月13日(火) 
申込方法

下記案内チラシをダウンロード、裏面申込書を記載いただき、FAXもしくはメールでお申し込みください。 

pdfファイル「第2回グローバルセミナーチラシ」(PDF:615kB)

主 催 公益財団法人しまね産業振興財団 
共 催

島根県

後 援

日本政策金融公庫松江支店、山陰合同銀行、商工中金松江支店、島根県中小企業団体中央会、
島根県商工会連合会、島根県商工会議所連合会(予定)、島根県信用保証協会(予定)、ジェトロ松江

問合わせ先

販路支援課 国際化支援グループ(担当:梅木・杉原)

tel:0852-60-5114  fax:0852-60-5116
e-mail:kaigai@joho-shimane.or.jp