『平成30年度 EMC 組込み技術講座』開催のご案内

2018年06月05日

平成30年度 EMC/組込み技術講座 

30年度の本講座ではEMCでは電安法の適用法、IoT機器の開発を目指したネットワーク技術を中心に、以下の講座を開催します。

・国際規格に準拠した電気用品安全法の適用方法 (電気用品製造、または輸入に必須です。)
・組み込み用Rubyであるmruby/cの紹介 (ソフト開発の負担を減らす選択肢として開発実習します。)
・ネットワーク初心者の最初の一歩からクラウド利用機器開発までに必要な技術の紹介・実習  (電気通信のイロハから、サーバー管理法、IoT機器開発、セキュリティまで、座学と実習を行います。)
・新人教育にも利用できる電子回路の基礎 (ソフトウェア技術者にもIoT開発に必要な電子・電気デバイスを初歩から知ってもらう講座です。)
・FPGA開発のためのVerilog-HDL入門 (FPGAをやってみたいけど、まず開発言語が壁になっている、と感じている方のためのお助け講座です。)

各講座とも、それぞれの分野で初歩から、実用レベルまで、皆様に役立てる講座になっています。

講座内容

下記「平成30年度EMC/組込み技術講座実施計画」を参照ください。

対象者

現在、もしくは、これから、製品開発に取り組み、電子技術、EMC関連技術を必要とされる方(C言語の簡単なプログラムが理解できる方)

開催日

講座は、下記講座実施計画の日程で行ない、全10回を予定

会場

主会場 : 島根県産業技術センター プロジェクト研究室 (松江市北陵町1番地)

参加費

通年での参加を前提とし、1名につき 25,000円/年
(お支払方法は受講決定後に別途通知致します)

申込み

初回講座申込み締切: 7月13日(金)
2回目以降の講座の締切: 8月10日(金)

 

定員  

15名(定員に達した時点で締め切り前でも募集を打ち切らせていただきます) 

ただし、第1回目の講座(7月20日開催)につきましては、無料で、人数制限を設けておりませんのでこの講座のみの参加が可能です。

申込方法

申込みフォーム、または下記の申込書に記載のうえFAX又はEメールにてお申込みください

 

 

平成30年度 EMC/組込み技術講座実施計画

講座テーマ 開催日 内容

電気用品安全法の動向と、製品開発への適用
パワーデバイス最新技術論
パワー回路におけるEMC対策

7月20日
(金)

電気製品製造に不可避な安全法の概要、項目の選び方について説明する。(講師:電気安全環境研究所)
半導体の基礎からパワー回路におけるノイズ発生の抑制手法までをデバイスメーカーが説明する。(講師:三菱電機(株))

mruby/c入門
―mruby/cの概要-
―mruby/cボード解説-
8月23日
(木)

muby/cは、IoT等小型デバイス向けプログラミング言語で、ハードウェ アの直接アクセスからオブジェクト指向を使ったプログラムまでを一 つの言語で実現できます。
今回の講座では、mruby/cの基礎知識の習得とマイコンを使った演習を行います。(講師:九州工業大、ITOC)

mruby/c入門
―IoT機械開発の手法紹介と実習-
9月20日
(木)

センサデバイスを用いるIoT開発では、データの取得と送信についてハード、ソフト、ネットワークの組合せによりプログラムが複雑化します。
今回の講座では、この課題をmruby/cを使ったIoTプログラミングによって解決できることを、演習を通して体験いただきます。(講師:九州工業大、ITOC)

電子回路入門 -基本回路素子の働きを簡単な回路での動作で学ぶ- 10月16日(火) 平易な解説と実験を通して、ダイオード、トランジスタ、FETおよびオペアンプなどの動作、特性、具体的な回路例を紹介。
(講師:島根県産業技術センター)
ネットワーク技術-ネットワーク初心者から管理者への道- 11月19日(月) 電気信号の基本から、通信プロトコル、ネットワークインフラ、サーバー管理手法まで体系的、かつ実践的に紹介。
(講師:上山システムラボラトリー)
ネットワーク技術 -IoTのためのネット技術、セキュリティまで― 11月20日(火)

LAN/WAN、クラウドプラットフォーム、IoTゲートウェイ、IoTサーバ、セキュリティリスクなど、IoT機械開発に必要となる事項を包括的に解説。
(講師:上山システムラボラトリー)

RaspbeerryPiを使ったIoTシステム構築技術-センシング、データ収集のための基礎知識- 12月12日(水) RasPiでのセンサデータ取得実習。
(講師:有限会社ウイン電子工業、産総研)
RaspberryPiを使ったIoTシステム構築技術 -IoTでのクラウドへのデータ転送等の実習- 12月13日(木) データをクラウドへ蓄積するシステムの構築実習。
(講師:有限会社ウイン電子工業、産総研)
Verilog-HDLによるFPGA開発技術 -FPGA開発フロー、Verilog-HDL概要とシミュレーション- 1月17日
(木)
Verilog-HDL文法の概要、テストベンチの記述、シミュレータの使い方
(講師:設計アナリスト鳥海佳孝)
10 Verilog-HDLによるFPGA開発技術 -Verilog-HDLの勘所と論理合成ツール- 1月18日
(金)
ブロッキング・ノンブロッキングの違い、論理合成ツール概要、遅延解析
(講師:設計アナリスト鳥海佳孝)

 
本講座は通年のご参加を想定しておりますが、都合のつかなくなった場合等、別の方が代わりに参加していただいてもかまいません。また、第1回目の講座につきましては、無料で、人数制限も設けておりませんので、第1回目だけ参加される方も歓迎します。第1回目のみ参加の方は申込書の「初回参加」のところだけにチェックをしてください。(締切7月13日)


各回とも講座開始は 10:00 で、終了は 16:00〜17:00 程度の見込みです。


◇お問い合わせ◇

(公財)しまね産業振興財団  経営支援課  担当:杉原・山中
TEL 0852-60-5115   FAX 0852-60-5116  
E-mail : con@joho-shimane.or.jp