ものづくり工場管理実践塾 ~検査編~「周辺視目視検査法」導入セミナー~検査の生産性を倍にする画期的な検査法!~

県内ものづくり企業の収益力強化の視点から、検査工程(品質管理部門)が抱える課題とその解決策を実践的に学ぶ、ものづくり工場管理実践塾「検査編」を開催いたします。

 通常、目視検査員には目が良いこと、集中力があること、良・不良の判断のブレが少ないことが要求されています。
 しかし、この中で集中力は短時間しか持ちません。新米の検査員に対する「よく見なさい」という指導は結果として不良の見逃しにつながります。ベテランの検査員は良品の確認リズムで検査をしています。
 本セミナーではベテラン検査員の検査作業の分析と目の機能展開に基づいて開発された新しい目視検査法である「周辺視目視検査法」を社内に定着化させ、検査効率向上・見逃し率低減などを目指すことを目的としています。
 日ごろ検査部署で見逃しや長期間かかる検査員の習熟でお悩みの指導者管理者の方々はぜひともご参加ください。

このようなことでお困りの方必見!!
 ・製造コストの観点から目視検査の効率向上が必要
 ・目視検査員の育成が難しい
 ・製品の目視検査工程でNG品の見逃しが問題となっている
 ・目視検査工程での処理時間が製造工程のボトルネックとなっている
 

【例】 昨年度実施内容
☆周辺視目視検査法について
☆視覚システムの特徴
☆検査用照明
☆明順応・暗順応
☆涙とまばたき
☆事例紹介  等

講師

佐々木章雄 氏 (周辺視目視検査研究所 代表)

[ご略歴]
1970年日本IBM 藤沢工場入社以来、一貫してIE(Industrial Engineering)業務に従事。
1998年に特に専門とする動作分析を基礎とし検査作業の分析と機能展開により「周辺視目視検査法」を作った。
2003年にHDD事業部が日立に売却後、一時早期定年退職し中国企業でIEの指導を行っていた。また、株式会社日立グローバル・ストラテジーズの海外量産工場にて生産性向上の指導後、退職。
元慶応大学の川瀬武志先生のグループの先生方と「周辺視目視検査法」の共同研究のかたわら、本セミナー講師やコンサルタント活動も行っている。また、検査の自動化を目的として、画像応用技術(学会)香川大学石井教授のグループと研究中。

日時

2019年5月29日(水)  13:00~17:00

会場

テクノアークしまね 4F 大会議室 (松江市北陵町1番地)

参加費

無料

定員

50名程度(先着順) ※ただし、県内受講者優先です。

申込方法

申し込みフォームまたは、下記のパンフレット裏面の申込書に記載のうえFAX、またはEメールにてお申し込みください。

 

申込締切

2019年5月24日(金)

 

【開催予告】「ものづくり工場管理実践塾 ~検査編~ 個別訪問指導コース」 

この度の本セミナーに参加頂いた企業様の中で、「周辺視目視検査法」を社内に定着化させたいとお考えの企業様向けに「ものづくり工場管理実践塾 (検査編) 個別訪問指導コース」の開催を予定しております。詳細については、実施対象の企業様決定後、個別に連絡させていただきます。

【開催スケジュール(予定)】
5月30日(木)  佐々木氏による個別指導 午前1社 午後1社の計2社  1社3時間程度

※ 5月30日の個別指導の実施定数は2社までです。希望多数の場合はご希望に添えない場合があ りますのであらかじめご了承ください。実施先については未実施の企業様を優先に事務局側で決定し連絡させていただきます。

 

主催

(公財)しまね産業振興財団

 

パンフレット

pdfファイル「セミナーパンフレット」をダウンロードする(PDF:440kB)

◇お問い合わせ◇

公益財団法人しまね産業振興財団 
経営支援課 担当 金山・三島
TEL:0852-60-5115 FAX:0852-60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp

ページトップ