「歯車の基礎とノイズ低減・強度向上技術」セミナー開催のご案内

2019年05月27日

減速・増速運動は車、新幹線、船舶、産業ロボット、ヘリコプター等の様々な機械装置において必要不可欠な運動であり、この運動を実現させるために必要なキーパーツは歯車です。従って、歯車は様々な機械を構成する重要な部分であるので、歯車の性能(振動・騒音・効率・伝達精度など)と寿命(強度)は機械装置の性能と寿命に直接に影響を与えています。本セミナーでは、平歯車を例にして、歯車の設計、製造に必要な基本知識を解説し、そして歯車の強度解析に関する最先端研究成果を紹介します。また歯車の振動・騒音の発生メカニズムを分析し、歯車振動・騒音に関する理論・実験研究成果を紹介します。最後に代表的なトラブルであるノイズと破損の対策方法を解説します。


 
セミナー開催概要(予定内容)

1.歯車設計の基礎理論

2.歯車の加工方法と加工精度測定

3.歯車の伝達誤差測定と理論解析

4.歯車の損傷と強度解析

5.歯車の振動原因と実験・理論研究

6.歯車の騒音原因と実験・理論研究

7.その他の歯車装置の紹介

8.歯車設計ソフトの体験


講師 

李 樹庭 先生
島根大学准教授
1964年中国武漢市生まれ。日本機械学会機素潤滑設計部門運営委員を歴任。アメリカ機械学会、英国機械学会、IFTOMMなどが発行する機械工学の最高権威を含む世界25種の機械関連雑誌の論文査読を20年間以上担当。Elsevier出版社から「Outstanding Contribution in Reviewing」賞を二回受賞。2018年インド政府のGIANプログラムに招待。

 [経歴]
1986年7月 中国・西北工業大学航空機製造工学科卒業
1998年3月 山口大学大学院理工学研究科 設計工学専攻博士後期課程修了
1998年4月~2011年3月 ナブテスコ株式会社、精機カンパニー・鉄道カンパニー
2011年4月~現在  島根大学 自然科学研究科 理工学専攻 機械・電気電子工学コース 准教授

[これまでの主な研究課題]
1)産業ロボット用波動歯車装置の設計と振動に関する研究(中国国家自然科学基金補助課題)
2)航空機用歯車装置の強度と寿命予知に関する研究(中国国家航空科学基金補助課題)
3)航空機用歯車装置の振動・騒音低減に関する研究(中国国家航空科学基金補助課題)
4)航空機エンジン関連部品の設計と強度解析
5)有限要素法を用いた薄肉歯車とピン歯車装置の接触解析及び強度計算に関する研究
6)産業ロボット関節用精密減速機の設計に関する研究
7)ニュー波動歯車装置の開発と設計
8)精密減速機用高強度材料及び熱処理工法の開発
9)工作機向け精密アクチュエーターの開発

対象者 

設計、開発、生産技術、製造、品質管理

日時

2019年7月11日(木) 10:15~17:00          

会場

テクノアークしまね 中会議室
松江市北陵町1番地 (※松江駅からバスで約15分)
TEL:0852-60-5115

参加費

2,000円
※お支払い方法は、申込書に記載の連絡者様あてに後日連絡いたします。

定員 

20名(先着順) ※ただし、県内受講者優先です。    
(受講の決定は、申込書に記載の連絡者様あてに通知をいたします。)

申込方法 

お申込みフォームまたは、下記の申込書に記載のうえ、FAXまたはEメールにてお申し込みください。

pdfファイル「講座申込書」をダウンロードする(PDF:436kB)

pdfファイル「講座案内書」をダウンロードする(PDF:450kB)

申込締切

2019年7月4日(木)

携行品

筆記用具を必ず持参してください。

主催/協力機関

(公財)しまね産業振興財団/島根県産業技術センター

◇お問い合わせ◇

経営支援課(総合相談グループ)杉原・山中
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp

ページトップ