『EMCの基礎と規格動向~低周波から高周波まで~』講座のご案内

EMC(電磁両立性)規格はさまざまな分野の製品規格に引用され、機器の開発において重要なテーマです。本セミナーでは、これからEMCに携わる、あるいはEMCの基礎を理解したい方、実際にEMC試験を実施している方を対象に、EMCの基礎とエミッション、及びイミュニティの規格に基づいた試験方法を分かりやすくご説明します。
 前半では特に試験への適用が進んでいるマルチメディア機器に関する規格であるCISPR32を中心に注意点等を説明するほか、イミュニティ規格の最新動向についても触れる。後半は低周波のEMC試験についてエミッション、イミュニティの代表的な試験を中心にわかりやすく解説します。

 

1. 講座内容

前半:高周波 
   1.EMC試験とは
   2.設計者も知っておくべきEMC新規格
   3.IEC61000-4シリーズのイミュニティ規格最新動向

後半:低周波
   1.EMCの基礎とEMC試験が必要な代表例であるCEマーキングについて
   2.エミッションの代表例としての高調波電流測定(IEC61000-3-2)などの規格概要
   3.イミュニティの代表例として電圧ディップ、電圧変動(IEC61000-4-11)などの規格概要

2.日時

令和元年7月25日(木)10:00~17:00

3.会場

島根県産業技術センター プロジェクト研究室
松江市北陵町1番地 テクノアークしまね

4.参加費

無料

5.定員

30名(先着順)

6.申込み締切

7月18日(木)

<申込み方法>

お申込みフォームまたは、

pdfファイル「講座申込書」をダウンロードする(PDF:484kB)

pdfファイル「講座案内書」をダウンロードする(PDF:857kB)

 

(問い合わせ先)

(公財)しまね産業振興財団 経営支援課 担当:杉原・山中
〒690-0816 島根県松江市北陵町1番地 テクノアークしまね 
TEL:0852-60-5115/FAX:0852-60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp

ページトップ