「無線LANの基礎と評価測定講座」開催のご案内

 無線LANはPCやスマホだけでなく、家電や工業機器などにも搭載されていますが、無線通信になじみのない方は無線モジュールを搭載しただけで評価していないという実態があります。
 無線LANは「IEEE802.11」で仕様が規定されており、国内で運用する場合には「電波法」を遵守する必要があります。
 モジュール単体では受信、送信の両方が評価済みであっても、最終製品に実装した場合には無線特性が大きく変化することがあり、これがトラブルにつながっています。実際に「つながらない・通信がすぐにきれる」
「送信パワーが大きすぎて電波法違反に・・」というケースもあります。
 本講座では、無線LANの基礎としてIEEE802.11および国内電波法の概要をご紹介し、実際に送受信特性を評価する実演までご覧いただくことで、無線機器の送受信特性の評価イメージをつかんでいただくことができます。

セミナー開催概要(予定内容)

1. 無線LANの技術と測定の基礎
 i  無線LANとはどんな信号?
 ii 無線LANを測定する理由
 iii 無線LAN搭載製品の評価事例

2.実機を使った測定の実演
 i IEEE802.11に沿った送受信評価
 ii 国内電波法の測

講師 

高橋 英明 氏 
アンリツ株式会社 計測事業グループ 計測器営業本部 第1営業推進部 課長

[略歴]
無線に関する計測に長く携わってこられており、無線LANの評価試験に関わる測定に関することだけでなく、関連法規や規格まで熟知しておられ、「スペクトラムアナライザ基礎講座」など他のセミナー等での講師経験も豊富にお持ちです。                                           

対象者 

•電気製品、情報機器の開発、設計、製造、品質評価を担当されている方、特に無線LAN機器を開発・品証・製造する方、外部に設計委託している機器を受け入れ評価する方
•無線LANに関する法規や技術、評価方法を習得したい方
•無線LANに関するトラブルやクレームを経験された方、もしくは現に直面している方
•無線LANモジュールを購入しているが、「無線LANの技術条件はよく知らないし、製品の通信品質は評価したことがない」という方

【ご注意】
 本講座で扱う無線LANの評価は「機器の評価」です。「現場の電波環境の評価」ではありません。
オフィスなどで複数のアクセスポイントを配置する際に、電波の到来パワーや干渉の有無などを現場の施工前にPCでシミュレーションし、さらに現場設置後に実測したデータと比較検証するような評価は対象外です。

日時

令和元年11月20日(水) 13:00~16:00

会場

島根県産業技術センター プロジェクト研究室
 (松江市北陵町1番地 テクノアークしまね)

参加費

無 料

定員 

30名(先着順)※ただし、県内受講者優先です。    
(受講の決定は、申込書に記載の連絡者様あてに通知をいたします。)

申込方法 

お申込みフォームまたは下記の申込書に記載のうえ、FAXまたはEメールにてお申し込みください。

pdfファイル「チラシ」をダウンロードする(PDF:794kB)

pdfファイル「申込書」をダウンロードする(PDF:794kB)

申込締切

令和元年11月11日(月)

携行品

筆記用具

主催/協力機関

(公財)しまね産業振興財団/島根県産業技術センター

◇お問い合わせ◇

経営支援課  杉原・石原
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp

ページトップ