「IoT時代の無線・センサ活用技術」開催のご案内

近年、インフラや農業、工場などへIoT分野が拡大してきています。それに伴い、IoTを実現するためのサービスやアプリケーション、デバイスが数多く登場するようになってきており、さまざまな企業がその市場に向けたビジネスを進めています。
 IoTの実現は、欲しい情報のセンシングと得られたデータの収集を行う技術が基盤となります。本講座ではローム株式会社で開発や設計を担当者しておられる技術者の方々をお招きし、第一部でIoT市場の現状とIoTを実現するための取り組みや導入事例を、第二部でデータ収集や監視などに活用できる無線通信に対しての取り組みを、第三部で人やモノの動きを検知するモーションセンサや温度や照度を検知する環境センサなどの特長あるセンサの取り組みをご紹介させていただきます。本講座を受講されることで、IoT機器の設計・開発の参考となる情報を得ていただくことができます。

セミナー開催概要(予定内容)

■第一部
IoT市場と導入事例
 1.IoT市場
 2.導入事例
 3.IoT実現に向けたロームの取り組み

■第二部
無線モジュールソリューション
 1.Wi-SUNについて
 2.EnOceanについて
 3.LPWAについて
 4.WI-SUN ソフトウェアについて

■第三部
センサソリューション
 1.モーションセンサについて
 2.環境センサについて
 3.センサアプリケーション

講師 

第一部: 飯田 能久 氏
       ローム株式会社 オプト・モジュール生産本部 オプト・モジュール商品設計課 
       商品設計 2G 次席技術員

第二部: 小西 健太 氏
     ローム株式会社 オプト・モジュール生産本部 フォトニクス製造部 商品開発2課 1G
     技術員

第三部: 清家 将文 氏
     ローム株式会社 LSI開発本部 商品開発担当 センサ・プロセシングLSI商品開発部
     民生産機プロダクト開発2課 アルゴリズム技術1G 技術主査

                              

対象者 

電気製品、情報機器の開発、設計を担当されている方
特に、無線通信を使用したIoT機器の開発、設計をされる方、またはご興味のある方

日時

令和元年12月13日(金) 13:30~16:30

会場

島根県産業技術センター プロジェクト研究室
 (松江市北陵町1番地 テクノアークしまね)

参加費

無 料

定員 

30名(先着順)※ただし、県内受講者優先です。    
(受講の決定は、申込書に記載の連絡者様あてに通知をいたします。)

申込方法 

お申込みフォームまたは下記の申込書に記載のうえ、FAXまたはEメールにてお申し込みください。

pdfファイル「チラシ」をダウンロードする(PDF:732kB)

pdfファイル「申込書」をダウンロードする(PDF:299kB)

申込締切

令和元年12月4日(水)

携行品

筆記用具

主催/協力機関

(公財)しまね産業振興財団/島根県産業技術センター

◇お問い合わせ◇

経営支援課  杉原・石原
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp

ページトップ