「IoTを活用するための通信技術基礎」講座開催のご案内(雇用調整助成金対象) ※募集は終了しました。

※募集は終了しました。

近年、インフラや農業、工場などの幅広い分野でIoTを活用したビジネスが展開されています。 IoT向けのネットワーク技術は、用途ごとに最適化された様々なものが登場しており、今後IoTを活用したビジネス展開を進めていくためにはそれらをうまく活用する必要があります。
本講座では、IoTで使う主要な通信技術の特徴や注意点について、通信距離や伝送速度といった重要なポイントを比較しながら学んでいただくことができます。

講座内容

【1】IoTのプロトコルの特徴
 ・HTTP(REST:Representational State Transfer)
 ・MQTT (MQ Telemetry Transport)
 ・CoAP (Constrained Application Protocol)
 ・用途に合ったプロトコルの使い分け

【2】IoTでよく使われる無線通信の特徴
 ・無線LAN(IEEE 802.11n/11ac/Wi-Fi 6)
 ・BLE(Bluetooth Low Energy)
 ・ZigBee(IEEE802.15.4)
 ・Wi-SUN(IEEE802.15.4g)
 ・LPWA
  ‐Sigfox、LoRa、(NB-IoT)、その他

【3】IoTで使でよく使われるモバイル通信網の特徴
 ・LTE Cat.1
 ・LTE Cat-M1
 ・NB-IoT
 ・5Gへの期待

【4】IoTの無線通信で注意すべき事項
 ・2.4GHz帯を使う無線の課題と対策
 ・5GHz帯を使う無線の課題と対策
 ・920MHz帯を使う無線と課題と対策 

【5】IoTの通信で注意すべき事項
 ・データ取集と省電力性のバランス
 ・屋外で使う機器の耐環境性
 ・変化が激しい分野における設計の留意点

講師 

トライアングルエレクトロニクス 代表 久保 幸夫 氏

[略歴]
関西の大手私鉄系のエンジニアリング会社にて、鉄道系システムのエンジ二アリング業務に従事し、スタンドアローンの機械をネットワーク化するなどの業務を担当。その後、通信ネットワーク関連の業務が多くを占めるようになり、2001年にフリーのエンジニアとして独立。ITや組み込み技術関連のセミナー講師や執筆を始め、現在に至ります。CQ出版、電波新聞社、オーム社、日経BP社などの雑誌、書籍等に多数寄稿。おもな著書に、雑誌連載 電気と工事、電子工作マガジン、日経ネットワーク(2003年~2019年)などがあります。
【取得資格】情報処理技術者(ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト、エンベデッドシステムスペシャリスト)、電気通信主任技術者(第一種伝送交換)、工事担任者(デジタル・アナログ総合種、DD第1種)など                                

対象者 

・電気製品、情報機器の開発、設計を担当されている方、特にIoT機器の開発、設計をされる方
・無線通信に興味をお持ちの方、基礎知識を習得したい方

■雇用調整助成金の特例措置について
当WEB講座は、新型コロナウイルスの影響に伴う雇用調整助成金の特例措置における「教育訓練を実施したときの加算」の対象となります。

日時

令和2年7月28日(火)~30日(木)
※各日9:00~16:00の間で6時間分視聴してください。

ご視聴例として、以下のようなスタイルが可能です。

(例1) (例2) (例3)

28日 2時間視聴
29日 3時間視聴
30日 1時間視聴

28日 6時間視聴 29日 3時間視聴
30日 3時間視聴
計6時間 計6時間 計6時間

会場

インターネット配信(事前収録6時間分)
※受講には、PC・インターネット回線など、インターネット動画視聴のための環境が必要です。
※Microsoft Wordを使用しますので、操作できる環境が必要です。

■受講上の注意
・本講座資料の全部または一部であっても複写・複製・転載および磁気光記録媒体等への入力・保存等を一切禁じます。
・講義中の動画及び本講座に関連する内容のビデオ撮影、録音、写真撮影、SNSなどへの投稿を固くお断り申し上げます。
・動画視聴に関するPC等のトラブルは、当財団では保証しかねますので、自己責任のもとご使用ください。

講座について

・受講の決定は、申込締切日後内部で協議・検討の上、申込書に記載の連絡者様あてに通知をいたします。   
・受講決定者様には、講座前日に視聴用URLをメールでお送りいたしますので、お申込み時には受講希望者様のメールアドレスが必要です。
・講座受講後にご提出いただく、簡単な習熟度確認テストとアンケートをお送りいたします。
 受講確認も兼ねておりますので、メール添付にてご提出をお願い致します。
・講座内容に関するご質問は、受講後5営業日以内に(公財)しまね産業振興財団までお送り下さい。
 財団で取りまとめて一括して講師にお送りします。
※その他詳細は、受講決定通知にてご案内いたします。

参加費

通常料金 3,000円(税込)/人
県内企業等特別料金 500円(税込)/人

※お支払方法は、講座終了後、申込書に記載の連絡者様あてに後日連絡いたします。

定員 

30名(県内受講者優先)

申込方法 

お申込みフォームまたは下記の申込書に記載のうえ、FAXまたはEメールにてお申し込みください。
pdfファイル「チラシ」をダウンロードする(PDF:446kB)
pdfファイル「申込書」をダウンロードする(PDF:350kB)

申込締切

令和2年7月21日(火)

主催/協力機関

(公財)しまね産業振興財団/島根県産業技術センター

◇お問い合わせ◇

経営支援課  杉原・石原
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp

ページトップ