「WEB活用で海外販路開拓」(平成30年度第1回グローバル戦略構築セミナー)

昨今、海外販路開拓には必須の要素となっている「WEBの活用」を、事例を交えてご紹介いただきます。

高齢化による人口減少が続き、国内市場が縮小していく一方、グローバル化の進展によりビジネスチャンスは拡大してきており、多くの日本中小企業が、海外での販路開拓・生産拠点の開設などを通じ、新たな市場の獲得に向けて着手しはじめています。

昨今、海外への販路開拓は、「WEBの活用」を抜きにしては考えることが難しい状況になってきています。海外顧客や現地代理店発掘の入り口として、外国語WEBサイトの構築は必須の要素であり、BtoC、BtoB、いずれの場合においても、ECサイトの活用が非常に有効な販路開拓の手法になってきています。

今回のセミナーでは、ソニーをはじめとする複数企業で海外マーケティングを担当し、WEBによる海外販路開拓に豊富な経験と知識を有する講師をお招きし、「中小企業の海外販路開拓におけるWEB有効活用法」についてご講演いただきます。併せて、当該講師の支援を受け、海外販路開拓に取り組む企業に自社の取組事例をご紹介いただきます。

 海外への販路開拓に既に着手されている、これからお取り組みになるご予定の企業の経営者・担当者の方は是非ご参加ください。

日 時 平成30年8月3日(金) 14:00~17:00 ※13:30受付開始
場 所

テクノアークしまね 1F 中会議室(松江市北陵町1)

   テクノアークしまねの地図はこちら

参加費 無料
定 員 30名 ※先着順
内 容

◎講演
「失敗しない海外展開プロセスとWEBを活用した販路開拓」

講師:独立行政法人中小企業基盤整備機構 国際化支援アドバイザー 平内 優 氏
平内優  

<略歴>
兵庫県出身。大阪外国語大学英語学科 卒業。
ソニーに22年間在籍、一貫して海外マー ケティング畑を歩み、パナマ、香港で計10年間駐在を経験。
その後ユニクロ執行役員、アディダス日本法人副社長、プーマ日本法人社長等を経て、マネージメントコンサルタントとして独立。中小企業の海外展開サポートを中心に活動中。
2016からは中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザーとして主に中小企業 のアセアンへの進出サポートを実施。


◎事例紹介
「自社のWEB活用事例紹介」

講師:ミツイシ株式会社 碁石事業部 部長 片田 敏一 氏
片田敏一

<略歴>
1917年(大正6年)黒木碁石店として創業。蛤碁石製造・販売を主業として、様々な事業を手がけ、現在に至る。
片田氏は、式会社リクルートで、求人情報誌のシステム担当を経て同社入社。現在は碁石・碁盤などの棋具販売のネット通販責任者として、ショッピングページの多言語化、英語、中国語のLP設置等の海外販売を推進。
積極的な海外販売展開により、現在の売上比率は、国内1:海外2。


◎支援機関施策紹介

募集締切 平成30年7月31日(火) 
申込方法

申込みフォームからお申し込みいただくか、

下記案内チラシをダウンロード、裏面申込書を記載いただき、FAXもしくはメールでお申し込みください。 

pdfファイル「第1回グローバルセミナーチラシ」(PDF:381kB)

主 催 公益財団法人しまね産業振興財団 
共 催

島根県、独立行政法人中小企業基盤整備機構中国本部、日本政策金融公庫松江支店

後 援

山陰合同銀行、商工中金松江支店、島根県中小企業団体中央会、
島根県商工会連合会、島根県商工会議所連合会、島根県信用保証協会、ジェトロ松江

問合わせ先

販路支援課 国際化支援グループ(担当:梅木・杉原)

tel:0852-60-5114  fax:0852-60-5116
e-mail:kaigai@joho-shimane.or.jp