「金属材料と基本的な熱処理」講座開催のご案内 ※日程変更いたしました

 

※日程変更いたしました。

当初8月24日に予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大により11月16日に延期いたしました。
既にお申込みをいただいている皆様には個別にご連絡いたします。

 


新型コロナウイルス感染症対策について、講座の開催にあたり主催者として出来る限りの対策を実施して参ります。
感染症対策についてのご案内はこちらをご覧ください。


 

機械設計における材料選択や、加工時の工具選定・条件設定など、製造業のあらゆる場面で材料の知識は重要項目のひとつとされます。今回は主にJIS鉄鋼材料を対象とし、その種類と特性および基本的な熱処理の技術とあわせて初歩から学びます。元素という切り口で金属材料と加工の分野をつなぐ横山先生のコンセプトにより、実務に役立つ考え方を習得するほか、熱処理を体験するための実習を行う参加型の研修です。たくさんの動画や鉱物サンプルを見て・触って学ぶ、楽しい研修会です。

 

講座内容

1)JIS鋼材の種類と用途(一覧表)
 ・添加元素で鉄の性質を変える
 ・JIS材料別の成分表を読み解く
 ・JIS記号には意味がある

2)原子と結晶の知識ですべてが繋がる
 ・鋼材の種類づくりの基本
 ・【炭素】【合金元素】【熱処理】
 ・鋼材の硬さとねばさ

3)鉄鋼材料の種類
 ・鋼材の製造法-鍛造と鋳造
 ・普通鋼SS材と特殊鋼S45Cの違い
 ・鋼、鋳鉄、ステンレス鋼の種類と用途
 ・SUS304の特徴を知る-なぜ独特なのか

4)熱処理の種類と目的
 ・加熱と冷却による結晶操作
 ・調質の種類と目的
 ・表面硬化処理の種類
 ・簡単にできる【熱処理実験

5)切削加工の基本
 ・材料の硬さと切削条件-基本と応用
 ・切削熱とビビりが工具寿命を決める
 ・見えない力を見る-切削力
 ・加工改善と生産性の向上

※副読本として、「元素から見た鉄鋼材料と切削の基礎知識」(日刊工業新聞社)を使用します。(本書は参加費に含まれています。)

講師 

ソフィアフロント 代表 横山 明宜 氏
[略歴] 1971年関西学院大学法学部卒。同年、スウェーデン企業:サンドビック(株)入社、43年勤務。(職歴:マーケティング、販売戦略企画、執行役員:西日本営業統括、人材育成教育)。2014年より「ソフィアフロント」代表。

対象者 

新入社員、設計、開発、生産技術、製造、品質管理、資材、生産管理、営業

日時(変更)

令和3年11月16日(火) 10:00~17:00(受付9:30~)

会場

メイン会場:テクノアークしまね 大会議室(松江市北陵町1番地)
サテライト会場:いわみぷらっと(浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F)

受講形式は以下3通りから選択いただけます。
 (1)メイン会場にて講師との対面形式
 (2)メイン会場別室にてビデオ中継によるリモート方式
 (3)サテライト会場にてビデオ中継によるリモート方式

参加費

3,000円(税込)/人
※お支払方法は、講座終了後、申込書に記載の連絡者様あてに後日連絡いたします。

定員 

松江会場/30名(先着順)
浜田会場/20名(先着順)
※ただし、県内受講者優先です。
(受講の決定は、申込書に記載の連絡者様あてに通知をいたします。)

申込方法 

お申込みフォームまたは下記の申込書に記載のうえ、FAXまたはEメールにてお申し込みください。
※メールにて受講決定通知書をお送りいたしますので、連絡者のメールアドレスは必ずご記入ください。
pdfファイル「チラシ」をダウンロードする(PDF:1.2MB)
pdfファイル「申込書」をダウンロードする(PDF:451kB)
pdfファイル「新型コロナウイルス感染症対策に関するご案内」をダウンロードする(PDF:448kB)

申込締切

令和3年11月9日(火)17:00

その他

本講座は雇用調整助成金の対象となる場合がございます。詳細は最寄りのハローワーク等にご確認ください。

主催/協力機関

(公財)しまね産業振興財団/島根県産業技術センター

◇お問い合わせ◇

<申込み等に関すること>
(公財)しまね産業振興財団
経営支援課 担当:布野・新宮
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:ihrd@joho-shimane.or.jp

<講座の内容に関すること>
島根県産業支援センター
担当:道垣内・福田
TEL:0852-60-5140(代表)

ページトップ