「図面の描き方Level1 寸法公差図面の描き方」講座開催のご案内 ※募集は終了しました。

※募集は終了しました。

 

新型コロナウイルス感染症対策について、講座の開催に当り主催者として出来る限りの対策を実施して参ります。
感染症対策についてのご案内はこちらをご覧ください。

 

毎年人気の山田先生の図面セミナーを、今年も2日連続開催いたします!それぞれ単独での受講も可能ですが、連続して受講することで理解が深まる内容です。ぜひご検討ください。
設計者のアイデアを正確に作製者に伝えるためのルールとしてJIS製図があります。しかしルールさえ守れば良い図面が描けるでしょうか?いえいえ、良い図面には設計者の魂が入っています。この設計者の魂こそが寸法基準であり、寸法公差であり、幾何公差なのです(副読本前文より)。本セミナーでは、製図業務を行っている方を対象に寸法公差について学び、設計者が考えた通りのものづくりを行うための図面の描き方を習得します。

 

講座内容

Ⅰ.サイズ公差の使い方

Ⅱ.公差クラス記号の意味と使い方

Ⅲ.表面粗さ記号

Ⅳ.設計製図演習

Ⅴ.公差検討テクニック

 

講師 

山田 学 氏
株式会社ラブノーツ(Lab Notes) 代表取締役 技術士(機械部門)

[略歴]
1963年兵庫県出身、メーカー2社にて研究・設計・品質保証活動に従事。2007年 (株)ラブノーツを設立。機械製図や設計をテーマとした公開セミナー・社内教育の講師、および執筆活動を行っている。1996年技能士(機械・プラント製図1級)、2003年に技術士(機械部門)を取得。https://www.labnotes.co.jp/

[主な著書]
「図解力・製図力おちゃのこさいさい」「図面って、どない描くねん!」
「図面って、どない読むねん!LEVEL00―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック」
「最大実体公差―図面って、どない描くねん!〈LEVEL3〉」「図面って、どない描くねん!バイリンガル」
「めっちゃメカメカ!リンク機構99→∞」「めっちゃメカメカ!基本形状要素の設計」
(いずれも日刊工業新聞社)など。

副読本

対象者 

・製図業務を行う若手技術者
・スキルアップしたいCADオペレータ
・若手育成スキル向上や自身の業務見直しをお考えの中堅・ベテラン技術者

日時

令和3年7月26日(月) 10:00~17:00(受付9:30~)

会場

メイン会場:テクノアークしまね 大会議室(松江市北陵町1番地  TEL:0852-60-5115)
サテライト会場:いわみぷらっと(浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F  TEL:0855-24-9301)

受講形式は、以下3通りから選択いただけます。
(1)メイン会場にて講師との対面方式
(2)メイン会場別室にてビデオ中継によるリモート方式
(3)サテライト会場にてビデオ中継によるリモート方式
※(2)につきまして、時々巡回、ご指導いただく場合があります。

参加費

3,000円(税込)/人
※お支払方法は、講座終了後、申込書に記載の連絡者様あてに後日連絡いたします。

定員 

松江会場/30
浜田会場/20名
(いずれも先着順・県内受講者優先)
※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。
※ご受講の可否については、申込締切後2営業日以内にご連絡をいたします。
 講座開催日の1週間前までにご連絡が届かない場合には、お手数ですが下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

申込方法 

※募集は終了しました。

お申込みフォームまたは下記の申込書に記載のうえ、FAXまたはEメールにてお申し込みください。
pdfファイル「チラシ」をダウンロードする(PDF:1.8MB)
pdfファイル「申込書」をダウンロードする(PDF:645kB)
pdfファイル「新型コロナウイルス感染症対策」をダウンロードする(PDF:492kB)

申込締切

令和3年7月15日(木)17:00

その他

本講座は雇用調整助成金の対象となる場合がございます。詳細は最寄りのハローワーク等にご確認ください。
雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)が令和3年7月末まで延長になりました。

主催/協力機関

(公財)しまね産業振興財団/島根県産業技術センター

◇お問い合わせ◇

<申込み等に関すること>
(公財)しまね産業振興財団
経営支援課 担当:布野・新宮
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:ihrd@joho-shimane.or.jp

<講座の内容に関すること>
島根県産業支援センター
担当:道垣内・福田
TEL:0852-60-5140(代表)

ページトップ