【参加者募集中】地域プロデューサー養成講座の開催について

開催目的

地域プロデューサーとしての役割を担う人材を育成することを目的として、プロデューサー養成講座を実施いたします。

~地域におけるプロデューサーの役割とは~

これからの、わたしたちの暮らす地域にとっての大切になことには、どんなことがあるでしょうか。地域が持続していくために、必要なことはどんなことがあるでしょうか。
人それぞれに、考えていることや思い、今取り組んでいることがあると思います。わたしたちは、未来に残せる魅力ある事業企画やコンテンツを発信することがこれからの地域にとって大切になってくるのではないかと思っています。そのためには、その地域にある「なにを残すか」を明確にすることや、その地域に「あるもの」に価値を与えること、地域の人や地域外の人と一緒に活動すること、今の地域を理解して未来の地域がどうありたいかを明確にすることが必要なことだと考えています。
そのためには、ビジョンが明確である必要があります。
地域プロデューサーとは、その地域の理解者であり、地域外との橋渡しをすることで、事業やプロジェクトを円滑に進め、地域の中に人・もの・金の循環を作るための役割を担う人であると思っています。

チラシ表

日時

2018年9月上旬~2019年2月下旬

詳しくは下記のカリキュラムをご覧ください。

カリキュラム

全6回 (時間は毎回14:00~18:00です。)

1回目 2018/9/13(木) マインド編 プロデューサーとして必要なマインドを理解し、体感します。自己認識視点と客観的視点を持つことで、自己理解を深め、自分の価値観を認識します。
2回目 2018/10/18(木) ビューポイント編 プロデューサーという役割の必要性を考えます。チームビルディング、対外・対内向けのコミュニケーション戦略、資源・資産の最大化や調達の方法論について学びます。
3回目 2018/11/15(木) スキル編 マーケティングの領域と最適な実施方法をケーススタディとグループディスカッションを通じて学びます。
4回目 2018/12/13(木) スキル編 プロデューサーの視点から、デザインやクリエイティブ、ストーリーを意識的に取り入れる手段を学びます。
5回目 2019/1/17(木) アプリ連動編 カリキュラム1~4で学んだプロデュースシンキングの土台であるOSをもとに、自身の事業へ落とし込む術を体得します。
6回目 2019/2/14(木) プレゼン編 自身の事業におけるプロデュースシナリオのプレゼンを実施し、講師からのアドバイスを受けることでさらなるブラッシュアップを行います。

2018/7/27(金)にプロデューサー養成講座の一部を体験できる無料のプレセミナー(体験セミナー)を開催します。本講座についての説明も行いますので、どうぞお気軽にご参加ください。プレセミナーのみのご参加でもOKです。プレセミナーについてはこちらをご覧下さい。
終了いたしました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

対象者

・島根県の地域資源等を活用した事業企画やコンテンツを発信して事業を行う方
・新しく事業を始めようとしている方
・地域おこし協力隊として活動している方、活動していた方
・プロデューサーとしてのマインドやスキルを身につけたい方
・社内で新しい事業やプロジェクトを任されている方
など

定員

30名

参加費

おひとり10,000円(税込)

※初回講座日に請求書をお渡しいたします。事前支払いは不要です。

講師

ヨリドコロ・アンド・パートナーズ株式会社
代表取締役 内田俊介
取締役 金田隼人

会場

テクノアークしまね 会議室(島根県松江市北陵町1番地)

申し込みについて

申し込みフォームからお申し込みください。

申込受付の期間は平成30年9月10日までです。

pdfファイル「案内チラシ」をダウンロードする(PDF:1.0MB)

問い合わせ先

公益財団法人しまね産業振興財団
経営支援課 創業・人材支援グループ 担当:小村(おむら)
メール:con@joho-shimane.or.jp
電話:0852-60-5115
FAX:0852-60-5116