「強度設計の勘どころ」講座開催のご案内 

 


※募集は終了いたしました。

実務に役立つ強度検討が行えるように、強度の見方から学習します。また、強度の可視化や定量化を行い、どうやって強度設計を検討するかを解説します。一般的な部品形状を題材に、比較表を使いながら部品の強度を説明するほか、CAE(構造解析)の結果を“診断”するポイントも解説します。 

セミナー開催概要(予定内容)

 1 強度の計算  
  ・応力、ひずみ、モーメント   
  ・手計算での応力計算   
  ・CAEによる応力の計算

2 CAE計算結果の評価方法   
  ・CAE(構造解析)結果の見方   
  ・部品強度のCAEでの計算   
  ・より良い設計案の検討

3 板金部品強度のCAE計算   
  ・穴形状の影響   
  ・配列穴形状の強度   
  ・切り欠き形状の強度   
  ・板厚の影響   
  ・リブによる強度向上   
  ・半抜きリブの効果検討   
  ・波型板金部品の強度

4 シャフト部品強度のCAE計算   
  ・段付きシャフトの強度   
  ・段の位置による強度変化   
  ・段付きシャフトの角処理   
  ・溝付きシャフトの強度低下

5 梁(はり)の強度のCAE計算   
  ・梁の曲げに対する強度   
  ・梁の断面形状別の曲げに対する強度   
  ・梁の断面形状別のねじりに対する強度

講師 

高橋 和樹(たかはし かずき)先生 
3Doors株式会社

[略歴]

1965年山形生まれ。山形大学工学部を卒業。製造業にてメカ設計者として従事。機械部品の構造解析に興味を持ち、設計品質の向上に貢献した。その後、3次元CADベンダーにて3次元設計コンサルタントを経て、2011年に3Doors株式会社を設立。設計者のための構造解析活用、3次元CADを活用した設計業務改革などで製造業を支援。                                             

2019/11/05

 

対象者 

若手社員、設計、開発、生産技術、製造、品質管理、資材、生産管理、営業

日時

令和元年11月12日(火) 10:15~17:00

会場

いわみぷらっと 会議室(浜田市相生町1391-8 シティパルク2F)
 (※浜田駅から徒歩で約10分)
TEL:0855-24-9301

参加費

3,000円
※お支払方法は、講座終了後、申込書に記載の連絡者様あてに後日連絡いたします。

定員 

20名(先着順) ※ただし、県内受講者優先です。    
(受講の決定は、申込書に記載の連絡者様あてに通知をいたします。)

申込方法 

お申込みフォームまたは下記の申込書に記載のうえ、FAXまたはEメールにてお申し込みください。
pdfファイル「開催案内」をダウンロードする(PDF:796kB)
pdfファイル「申込書」をダウンロードする(PDF:302kB)

申込締切

令和元年11月5日(火)

携行品

筆記用具

主催/協力機関

(公財)しまね産業振興財団/島根県産業技術センター

◇お問い合わせ◇

経営支援課  杉原・石原
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp

ページトップ