「実務に活かす機械設計の基本」講座開催のご案内 ※募集は終了しました。

※募集は終了しました。

 

新型コロナウイルス感染症対策について、講座の開催に当り主催者として出来る限りの対策を実施して参ります。
感染症対策についてのご案内はこちら

 

 機構学、力学、材料知識、加工知識、製図法など多くの知識が必要とされる『機械設計』。実務に直結した基礎知識に絞り込んだ解説により、機械設計の勘どころがわかります。今後も需要が高まる自動化機械について、その導入目的と自動化のレベル、駆動機構や動力伝達、材料と加工、コストダウンのコツを具体例を用いて、初心者にもわかりやすくお伝えします。はじめて機械設計に携わる若手技術者から、機械設計をもう一度学び直したい技術者まで、幅広くおすすめのセミナーです。

講座内容

<1日目>
1.機械を設計する狙い
 検討事項を整理し、流れを理解する
2.運動を伝えるメカ機構
 各機構の特徴と、適材適所を知る
3.締結部品
 ねじ・ボルトの分類と選び方を知る
4.機械要素部品
 機械要素の使い方のコツを習得する
5.アクチュエータ
 モーターの分類と使い方を知る
 空圧機器、真空機器の構成を知る

<2日目>
6.材料の性質
 材料の特徴を理解し、全体像をつかむ
7.機械加工のポイント
 加工の“何を知っておくべきか”を知る
8・コストダウン設計のコツ
 理屈とともに習得し、考え方を身に付ける
9.センサとシーケンス制御
 センサの種類と上手な使い方を知る
10.機械の品質と標準化
 品質の管理方法と、標準化の目的を理解する

講師 

ジン・コンサルティング代表 西村 仁 氏

[略歴]
1985年立命館大学理工学部機械工学科卒。2006年立命館大学大学院経営学研究科修士課程修了。株式会社村田製作所の生産技術部門で21年間、電子部品組立装置や測定装置等の新規設備開発を担当し、村田製作所グループ全社への導入設備多数。工程設計、工程改善、社内技能講義にも従事。特許多数保有。2007年に独立し、製造業およびサービス業での現場改善による生産性向上支援、及び技術セミナー講師として教育支援を行う。経済産業省プロジェクトメンバー、中小企業庁評価委員等歴任。
[主な著書]
『図面の読み方がやさしくわかる本(日本図書館協会選定図書)』『図面の描き方がやさしくわかる本』 『加工材料の知識がやさしくわかる本』『基本からよくわかる品質管理と品質改善のしくみ』『はじめての治具設計』など多数。

対象者 

新入社員、設計、設計アシスタント、開発、製造

■雇用調整助成金の特例措置について
当講座は、新型コロナウイルスの影響に伴う雇用調整助成金の特例措置における「教育訓練を実施したときの加算」の対象となります。

日時

令和2年10月12日(月)、13日(火) 両日とも10:15~17:15

会場

メイン会場:テクノアークしまね(松江市北陵町1番地  TEL:0852-60-5115)
サテライト会場:いわみぷらっと(浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F  TEL:0855-24-9301)
※いわみぷらっとはビデオ中継です。

参加費

通常料金 5,000円(税込)/人
県内企業等特別料金 2,000円(税込)/人

※お支払方法は、講座終了後、申込書に記載の連絡者様あてに後日連絡いたします。

定員 

松江会場:30名
浜田会場:20名
(いずれも先着順・県内受講者優先)
※ご受講の可否については、申込締切後2営業日以内にご連絡をいたします。
 講座開催日の1週間前までにご連絡が届かない場合には、お手数ですが下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

申込方法 

お申込みフォームまたは下記の申込書に記載のうえ、FAXまたはEメールにてお申し込みください。
pdfファイル「チラシ」をダウンロードする(PDF:1.2MB)
pdfファイル「申込書」をダウンロードする(PDF:332kB)

申込締切

令和2年10月1日(木)

その他

テクノアークしまね会場での受講者で、ご希望の方には昼休みやセミナー終了後に産業技術センター(松江)の見学対応いたします。
ご希望がございましたら(0852-60-5140)までご連絡ください。

主催/協力機関

(公財)しまね産業振興財団/島根県産業技術センター

◇お問い合わせ◇

経営支援課  杉原・石原
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp

ページトップ