海外展示会有効活用講座(令和2年度しまね中小企業海外展開勉強会シリーズ②)※WEBセミナー

2020年10月01日

言語や商慣習の異なる海外展示会で成功を収めるには、どのような心構えや準備が必要なのでしょうか?
当勉強会で学べるノウハウは、海外はもちろん日本国内での展示会出展にも応用いただける内容です!
リアル展示会だけでなく、リモート(オンライン)展示会についても解説いたします。

海外販路開拓の有効な手段の一つ「海外展示会の活用」。

業界のバイヤー・ディストリビューターが一堂に集まる現地での専門展示会での製品展示・PR活動は、大きな取引に繋がる可能性を秘めた販路開拓手法です。

展示会出展には多額の経費がかかります。またフォローアップを行いながら、継続出展して初めて成果が見込める場合も多く、経済的な負担は決して小さくありません。だからこそ、成果を出していくために、出展前~出展中~出展後の各ステージで対応をしっかりと行い、PDCAを回しながら出展活動を行うことが重要になってきます。

とりわけ、海外での展示会出展は、言語の違い・商慣習の違い・製品の設定価格の違いなど、日本国内とは異なるノウハウが必要となる場合も多々あり、しっかりとした心構えと準備が求められるのです。

今回の講座の講師は、メーカー勤務時代に多数の海外展示会に出展経験を持ち、成功と失敗を数多く体験してきました。

その経験と体験談から、海外展示会を有効に活かす手法とノウハウを皆様に伝授いたします。

またコロナ渦で従来のリアル展示会への参加が難しくなる中、WEB会議ツール等を活用したリモート展示会(オンライン展示会)という新たな形態も出始めており、これらの活用や対応についても解説します。

◆日時

令和2年10月21日(水)14:00~16:30 ※講演2時間、質疑応答(個別相談含む)30分を予定

◆配信

ZOOM ※お申込みいただいた方には、個別に接続の方法をご連絡させていただきます。

◆講師

株式会社IAC 代表取締役 秋島一雄 氏 https://www.iac-tokyo.com/

秋島氏写真     

≪プロフィール≫

中小企業診断士。総合商社にて米国、タイ、インドネシア駐在を経験。その後、半導体関連の製造業で海外営業として、代理店発掘や海外展示会を経験した後に中小企業支援コンサルタントとして独立、中小企業の海外展開支援は既に200を超え、またグローバルビジネス異文化マネジメント等のセミナーや海外赴任前研修も数多く実施している。自らの駐在経験と出張経験を織り交ぜた現場目線の講義と支援は企業や受講者から評価も高い。東京商工会議所のコーディネーターを2008年より務める。

◆募集締切

令和2年10月20日(火)

◆申込方法

下記案内チラシをダウンロード、裏面申込書を記載いただき、FAXもしくはメールにてお申込みください。

pdfファイル「海外展示会有効活用講座チラシ」をダウンロードする(PDF:1.1MB)

PCで直接申込書を作成されたい方は、下記をご使用ください。

wordファイル「申込書(Word形式)」をダウンロードする(DOCX:14kB)

◆主催

公益財団法人しまね産業振興財団

◆共催

島根県

◆受講料

無料

◆お問合わせ先

公益財団法人しまね産業振興財団 企業振興部 販路支援課 国際化支援グループ(担当:野津、杉原)

 

ページトップ