令和2年度技術者向け実施予定講座(10月時点)

掲載している講座は開催予定であり、中止または内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
なお、詳細につきましては、決定の都度随時ホームページに掲載いたします。

◆受講者の募集は、講座実施日の概ね1ヶ月前から開始する予定です。

◆しまね産業振興財団が配信する週刊メールマガジン「アシスト」におきましても、受講者の募集をお知らせいたします。
 アシストはこちら

設計信頼性

1.材料力学の基礎と設計への応用<初級編> 
【内容】これから機械設計を始められる方、事故・不良対策に携わる人を対象に、『材料力学・機械強度設計において初歩で把握すべきポイント』を中心に、演習問題や図を用いて解説します。さらに「基礎的な部分」である力とモーメントの釣り合い、応力、ひずみ、および実務でも多く見受けられる「曲げ」について、多くの演習問題に挑戦し、理解を深めます。
【講師】広島大学名誉教授 澤 俊行 氏
【日程】令和2年8月6日(木)
【場所】メイン会場:テクノアークしまね /サテライトライト会場 :いわみぷらっと
【定員】松江会場30名 / 浜田会場20名

2.騒音の基礎と低騒音化技術
【内容】機械騒音は、公害のような大きな問題から、作業環境改善、低騒音製品の開発による付加価値向上など、広く製造業に関わるテーマですが、実際には問題が起きてから試行錯誤して対策する場合もみられます。そこで今回は、設計・開発・生産技術・製造に携わる機械系技術者の方々に、騒音に関する基礎とその対策技術を体系的に学び、効率的に対応できる技術を習得できるように説明します。
【講師】Nラボ 代表 西村 正治 氏
【日程】令和2年8月20日(木)
【場所】(1)自社(オンライン) (2)テクノアークしまね (3)いわみぷらっと ※全てライブ配信(ZOOM)
【定員】40名 ※(1)~(3)を合計した定員数です。

3.材料力学の基礎と設計への応用<中級編>
【内容】今回は中級編として初級編の内容から一歩進め、梁のたわみ、ねじりについて理論とその応用を学び、演習問題を通して具体的に軸の設計を行う力を養います。「中級編」としていますが、実務経験者だけでなく、初級編を受講された初心者の方にもおすすめです。
【講師】広島大学名誉教授 澤 俊行 氏
【日程】令和2年8月27日(木)
【場所】メイン会場:テクノアークしまね /サテライトライト会場 :いわみぷらっと
【定員】松江会場30名 / 浜田会場20名

4.真空技術の基礎と展開
【内容】機械・金属・電子の分野だけでなく、食品加工や測定機器にも幅広く使われる真空技術について基礎から学ぶセミナーです。真空ポンプ、真空計、のほか、バルブなどの関連部品についても解説します。また真空技術の応用例として、講師の研究分野のひとつである成膜プロセスについても解説します。
【講師】東京大学准教授 神原 淳 氏
【日程】令和2年9月18(金)
【場所】(1)自社(オンライン) (2)テクノアークしまね (3)いわみぷらっと ※全てライブ配信(ZOOM)
【定員】60名 ※(1)~(3)を合計した定員数です。

5.材料力学の基礎と設計への応用<応用編>
【内容】材料力学3回シリーズの応用編として、事故例を参照しながら、疲労や応力集中などの破壊を招く応力状態、ボルト緩みのメカニズムについて学びます。また接合・締結技術についての技術的な新しい流れ(設計法)も解説します。実務経験豊富な方にもおすすめのセミナーです。
【講師】広島大学名誉教授 澤 俊行 氏
【日程】令和2年9月24日(木)
【場所】(1)参加者のパソコン(オンライン参加) (2)テクノアークしまね (3)いわみぷらっと ※全てライブ配信(ZOOM)
【定員】60名 ※(1)~(3)を合計した定員数です。

6.実務に活かす機械設計の基礎
【内容】機構学、力学、材料知識、加工知識、製図法など多くの知識が必要とされる『機械設計』。実務に直結した基礎知識に絞り込んだ解説により、機械設計の勘どころがわかります。今後も需要が高まる自動化機械について、その導入目的と自動化のレベル、駆動機構や動力伝達、材料と加工、コストダウンのコツを具体例を用いて、初心者にもわかりやすくお伝えします。
【講師】ジン・コンサルティング 西村 仁 氏
【日程】令和2年10月12日(月)、13日(火)
【場所】メイン会場:テクノアークしまね(松江市) / サテライト:いわみぷらっと(浜田市)
【定員】松江会場30名 / 浜田会場20名

7.図面の基礎 Level 0 図面の描き方(初級編)
【内容】現場経験豊富な講師が基礎の基礎から説明し、明日から役立つ知識を習得します。
【講師】株式会社ラブノーツ 山田 学 氏
【日程】11月11日(水)
【場所】メイン会場:テクノアークしまね / サテライト(1):テクノアークしまね / サテライト(2):いわみぷらっと
【定員】松江会場30名 / 浜田会場20名

8.図面の基礎Level 00-STEP2 設計加工検査と会話ができる図面の読み方(中級編)
【内容】設計や加工の現場で使われる専門用語の意味も理解しながら学習を行うことで、さらに突っ込んだ図面の読解力を身に付けます。
【講師】株式会社ラブノーツ 山田 学 氏
【日程】11月12日(木)
【場所】メイン会場:テクノアークしまね / サテライト(1):テクノアークしまね / サテライト(2):いわみぷらっと
【定員】松江会場30名 / 浜田会場20名

9.図面の基礎Level2 はじめての幾何公差
【内容】GD&Tによる品質保証システムを構築するための基本である幾何公差のルールと解釈を、幾何公差初心者の方にもわかりやすく解説いたします。
【講師】株式会社ラブノーツ 山田 学 氏
【日程】11月13日(金)
【場所】メイン会場:テクノアークしまね / サテライト(1):テクノアークしまね / サテライト(2):いわみぷらっと
【定員】松江会場30名 / 浜田会場20名

EMC/組込み技術講座

1.回路設計者のための熱設計・対策技術
【内容】熱設計何でも相談室をはじめ、数々のセミナー講師やコンサルタントの経験をお持ちの株式会社サーマルデザインラボ代表取締役、国峯尚樹氏に講師をしていただき、電気・電子回路基板の熱設計について基礎から実践にいたるまで一通りの知識を身に着けていただくことができます。
【講師】株式会社サーマルデザインラボ 国峯 尚樹 氏
【日程】令和2年7月15日(水)~17日(金)
【場所】インターネット配信(事前収録)
【定員】30名

2.IoTを活用するための通信技術基礎
【内容】IoTで使う主要な通信技術の特徴や注意点について、通信距離や伝送速度といった重要なポイントを比較しながら学んでいただくことができます。
【講師】トライアングルエレクトロニクス 久保 幸夫 氏
【日程】令和2年7月28(火)~30日(木)
【場所】インターネット配信(事前収録)
【定員】30名

3.Arm Cortex-Mで学ぶ組み込みC言語入門
【内容】組み込みシステム開発に必須となるプログラム開発手法を基礎から学んでいただくことができます。C言語プログラムの記述の仕方からコンパイルとリンク、さらに実際のハードウェアを操作するための記述テクニックを、演習を通して学び、組み込みC言語プログラミングのスキルを確立することを目指します。
【講師】筑波大学 システム情報系 准教授 山際 伸一 氏
【日程】令和2年9月16日(水)
【場所】島根県産業技術センター プロジェクト研究室 
【定員】15名

4.Android & Raspberry Pi活用技術 1、2、3
【内容】昨今、インターネットから情報を得て、それをもとに指先一つでデバイスを操り、生活を豊かにしていくビジネス・ソリューションが次々と開発されています。そのような要求に応える基本技術として、スマートフォンやタブレットのアプリ開発技術、インターネットを介したシステム構築技術、そして組み込みプログラミング技術があります。本講座では、全3日間のコースでこれらの技術を包括的に学習することを目標としています。 
【講師】筑波大学 システム情報系 准教授 山際 伸一 氏
【日程】令和2年10月5日(月)、16(金)、26(月)
【場所】島根県産業技術センター プロジェクト研究室 
【定員】15名

 

食品製造

食品製造技術者のための衛生管理技術入門
【内容】一般食品衛生管理を中心にノロウイルスやカンピロバクターによる食中毒への対応、昆虫などの異物混入など秋から冬に向けた対策について解説します。
【講師】アース環境サービス株式会社 黒田 芳弘 氏
【日程】令和2年10月9日(金)
【場所】テクノアークしまね 
【定員】20名

 

3DCAD

未定

 

電子制御

未定

 

◇お問い合わせ◇

経営支援課(創業・人材支援グループ)杉原・石原
電話:(0852)60-5115
FAX:(0852)60-5116
E-mail:con@joho-shimane.or.jp

ページトップ