ものづくりIoT体験会~SONY MESH編~

 ものづくり企業における現場力(QCD)強化のファーストステップとなるのは『現状把握』です。しかし、現状、稼働率や不良率を把握するためのデータ取得や集計に工数が掛かっていたり、そもそも手間が掛かるために取得を諦めているケースが多いのではないでしょうか。この『現状把握』 段階で効率的にデータを取得し・可視化するための手段として、IoTツールの活用は非常に有効です。
 今回、株式会社日本能率協会コンサルティング様協力のもと、デモ環境を準備しツールに触れて・操作いただく体験型のワークショップを企画しました。お気軽にお越しいただき、活用シーンの検討等にご活用ください。

pdfファイル「案内チラシ」をダウンロードする(PDF:569kB)

ソニー株式会社 MESH とは?(外部リンク)

 

【開催日時】 平成30年12月19日(水)10:00~17:00

【場所】 テクノアークしまね 特別会議室(松江市北陵町1)

【対象】 県内製造業
     ※IoT/IT ベンダーを含む、製造業以外の方はお申込いただけません。予めご了承ください。

【参加料】 無料

【募集数】10名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【カリキュラム】 10:00~17:00

(1)IoTが現場を変える、IoTで改善が変わる
(2)IoT体感ツールMESHに触れる
(3)IoTによる「新しい改善」を企画し実現する
(4)IoTによるアイデア発表
(5)まとめとコメント

【申込締切】平成30年12月17日(月)

【申込方法】 申込フォーム、または下記の申込書に記載のうえFAXまたはEメールにてお申し込みください。

 wordファイル「申込書」をダウンロードする(DOCX:51kB)

【講師】
小野 甫 氏(おの はじめ)
株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
デジタルイノベーション推進本部
チーフ・コンサルタント

 

(お問い合わせ先)
公益財団法人しまね産業振興財団 経営支援課 土井、安食(あじき)
Tel 0852-60-5115  /  Fax 0852-60-5116  /  Mail  con@joho-shimane.or.jp

 

主催:島根県よろず支援拠点、公益財団法人しまね産業振興財団
協力:株式会社日本能率協会コンサルティング

 

 

ページトップ